印鑑の素材をご紹介

こだわった印鑑を手にしよう

タイムレコーダーサイトでの体験談としてデザインの多さ

プリンタといいますと、以前は家庭用と業務用とではかなりデザインが異なっていました。家庭用の場合、用紙をストックする部分がなく、業務用ではストックする部分があるというのが特徴でした。


しかし、最近は、家庭用のものが業務用のものに近くなっています。ストックする部分がついたり、両面印刷に対応したりしているからです。印刷方法に違いはありますが、いろいろな技術においては、業務用の良い部分が入ってきたということがいえそうです。さらに最近はスキャナーが標準的についているというものが多くなっています。コピー機のように使えるということになります。家庭においてもそういうニーズがあるということで、機能やニーズが広がったということになると思います。このようにデザインというのは、その時代ごとに使いやすいように作られるということがあるようです。


家電製品などを見ても昔のものと今のものとではかなりデザインが変わってきていることがわかります。あまり変化がないとすれば、扇風機ぐらいでしょうか。羽根がついているために、あまり変化のしようがないのです。この扇風機においても、変化が出てきています。羽根がついていないものが登場しました。風を送るのに羽根がないというのはかなり衝撃的でしたが、そのデザインが受けているということです。数年後には、扇風機というと羽根がないデザインが当たり前になるかもしれません。良いデザインで、安全なものが使われるようになってきそうです。会社でよく使うものとして、時刻を記録するものがあります。タイムレコーダーサイトでの体験談です。こちらで商品を選んでいました。気づいたのは、デザインが非常に豊富ということです。メーカーは複数社あります。それぞれの会社でデザインが異なるというのはわかるのですが、同じ会社の製品同士においても、かなり個性的なものがあるということです。ある製品に関しては、ユニバーサルデザインに対応しているということです。世界中の人たちであったり、高齢者、若い人にも対応するということになります。どうしても同じような人が使うというイメージがありますが、そうではないということになります。堅苦しいものもあれば、かわいらしいものもあります。男性のみの職場だけではなく、女性が多い職場もあります。そういったところでは、かわいらしいデザインのほうが受けるのかもしれません。デザインが豊富になると、選ぶのに困るという点もあります。