印鑑の素材をご紹介

こだわった印鑑を手にしよう

タイムレコーダーはICカードに対応したもの

電車に乗る時に定期券や切符を利用するということがあります。切符の場合においては、券売機で購入をして、それを機械に投入することになります。入り口においては、磁気的な処理がされて、穴があけられて出てくることになります。駅から出るときには、再度切符を投入することになります。それと同時に回収されます。あまり利用しない区間でしたら、そういったことをする必要があります。定期券であれば、切符を買うという手間が省けます。ですから、通勤や通学という場合は、定期券を利用するのが便利ということです。急いでいるときでも、すぐに改札を通ることができます。


また、期間中は同じカードを利用できますから、エコにもよいということが言えます。そんな定期券において、ICカードというものが登場しました。こちらは今までのものとは違います。機械に投入するのではなく、機械にタッチしてデータを記録するということです。通常て定期券といいますとケースにいれていることが多いですがケースから出さなくても利用ができます。定期券タイプもあるのですが、電子マネーとしても利用ができるということです。チャージしておけば、切符を買わなくても勝手に精算をしてくれるということです。ですから、普段利用しないようなところでも、定期券と同じように通ることができるということです。注意としては、タッチミスがあるということです。データが記録されていないと、出るときに出られないことがあります。非常に便利なICカードですが、タイムレコーダーにおいても対応しているものが登場したということです。どういう仕組みかといいますと、従業員はそれぞれICカードを持っておきます。


そして出社したときに、ICカードを機械にかざすことになります。ランプなどがつけば記録ができたということになります。今までのように、自分のタイムカードを探して、それを打刻する必要がないということです。ぎりぎりに出社するのは良くないことですが、たまに後1分で遅刻になるということがあります。前の人はセーフだったのに、自分は1分の遅刻になってしまったということがあったのです。そういった場合でも、こちらであれば処理がスムーズに行われるので、遅刻になるケースが少なくなるということです。事務担当者としては、毎月、従業員用のタイムカードを作成する必要がなくなります。またカードなどのサプライ費もかからなくなるので、エコによいという仕組みになります。