印鑑の素材をご紹介

こだわった印鑑を手にしよう

黒水牛は印鑑に適した印材です

銀行に口座を開設するときや、自動車を買うときなど、生活で印鑑が必要な場面はよくあります。若い人で持っていない人は新しく作ることになりますが、はんこ屋さんにいくと、いろいろな種類の印材があって迷ってしまいます。印材は大きく分けると3種類に分類できます。木の印材、黒水牛、そして象牙です。一般的に一番安いのは木の印材です。中には本柘など高価な木もありますが、本柘に似た印材のアカネなどは比較的安く買えます。あまり押すことがない銀行印には木の印材はお勧めですが、頻繁に押す印鑑ですと、木は柔らかいのですり減ってくることもあります。次に安い印材が黒水牛です。これは牛の種類ではなく、水牛の角の中で模様があまりきれいではない物を黒く染め上げた印材です。象牙に比べて安いですが、物はしっかりとしていますので印鑑登録などにもお勧めです。

黒水牛の印鑑を購入する

印鑑を購入するタイミングは就職をした時や結婚した時など人生の節目で購入する事が多いです。このような節目の時に購入するものですから、出来るだけ縁起のよい高品質な印鑑を購入するといいです。天然の黒水牛の印鑑は非常に高級感があります。そのままの風合いが素敵で、白い斑模様が高級感をだしてくれます。使った感触も非常によく黒水牛の印鑑を選ぶ人は多いです。印鑑の購入はインターネットでも出来ます。最上級の印鑑をリーズナブルに購入出来ますのでおすすめです。実印、銀行印から認印までセットになった販売もあります。お店によって価格が違いますので、比較しみるといいです。黒水牛は耐久性に優れていますので、長く使用する事が出来ます。用途は様々ですから、用途に合わせて購入出来ます。手頃な価格の商品も多く、安心して選ぶ事が出来ます。

黒水牛の印鑑を使いたい

印鑑の素材として、お勧めなのは黒水牛です。黒水牛で作られた印鑑は、黒光りして、見た目的にも美しさを感じられます。また、耐久性に優れているので、大切に保管しておけば、いつまでも使えるものとなります。仕事などで、使う頻度が多くなるので、いいものを使うといいですね。この素材で作られたものは、通販で販売されているので、欲しい方は注文してみるといいですね。名前の種類も多数ございますので、自分の名字も必ずあるので、自分用として購入してみるのもいいですね。押し終わった後は、ティッシュなどでふき取ってから保管しておくと、朱肉が固まるのも防ぐことが出来ます。毎回綺麗な状態で使うことが出来るようになるので、保管を雑にしないことが大事ですね。色が黒なので、持った時にすごく高級感を感じますね。通販で購入すると、一つ一つ丁寧に彫られます。

関東地方全般です。 当社では、印鑑専門店として様々な素材による印鑑作成を行っており、通信販売によって幅広い地域へ向けて販売を行っています。 年末感謝セールがあります。 就職や結婚など人生の節目を迎えた方をターゲット層にして印鑑作成をしているお店で、プレゼントとしての依頼も多くいただいています。 黒水牛の印鑑もお取扱い中です。